だまとり

9月 28th, 2015

紙漉きは竹簀を張った漉桁で紙料を汲み上げては前後左右に揺すり、紙を漉いていきます。
漉き終わった後、紙の表面には原料がだまになった部分ができていることがあります。
写真は、それを取り除いている場面です。
こうやって、紙の厚みが均等で質の良い紙を作るために、一枚一枚漉くたびにこの作業を繰り返します。
一枚の和紙を漉くなかでも、細やかな気遣いがいたるところでなされています。

古川商店トップページへ 新着情報 古川商店ブランドコンセプト 古川商店スタッフブログへ