年末年始のお知らせ

平素は紙遊をご利用いただき誠にありがとうございます。

年末年始の休業日および営業について下記のとおりお知らせします。

【年末年始休業期間】

2015年12月28日(月) ~2016年1月5日(火)

※1月6日(水)より通常通り10時~17時の営業となります。

【ON LINEについて】

お休み期間中にいただいたご注文・お問合せは、

2016年1月6日(水)より順次ご対応させていただきます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

本年中の御愛顧に感謝申し上げますとともに、
来年も変わらぬお引き立ての程をよろしくお願い申し上げます。

☆.。.:*・゜皆様、どうぞ良いお正月をお迎えくださいませ☆.。.:*・゜

 

もうすぐ新年ですねー

来年は申年。ということで。 この写真のおさるさん。

1933382_925045940898784_4031894885121269954_o

1798901_925046364232075_2211537017077624338_o

お客さまが和紙で作って持ってきてくださったものです。

触れると、とても柔らかく 布なのかなぁと思ってしまいます。

そう思う理由が もう一つ。糸で縫ってあるから。なのです。

和紙が縫える・・・という事に驚いてしまいました。

こんな風に使うことも 出来るのですねー。

そして とてもかわいい。

来年 紙遊の店頭には、このおさるさんが飾られますので、

ご来店の際はぜひ ご覧下さいねー。

 

美濃和紙吉祥柄 『白雲』祝儀袋

紙遊の人気商品のひとつに祝儀袋があります。

美濃和紙吉祥柄 『白雲(はくうん)』シリーズから、祝儀袋が発売されました。

1929706_924530404283671_5805055211883047724_n

表面がふっくら。。ぽこぽこ。。と 雲のように膨らんだ特殊な加工が施され、
手で触った感覚もやさしく あたたかみのある感じです。

柄は『麻の葉』『青海波』『七宝』の3種類。

豪華な鶴の水引も在感たっぷりでとても上品な祝儀袋です。

大切な方へのお祝いの席に 自信をもってお勧めいたします。

明日は紙遊年内最後の営業日になります。
おさるのぽち袋なども並んでいます。
お時間のある方は、遊びに来てくださいね。

『そえぶみ箋』デザイン大募集!!

★★2016年3月に「そえぶみ箋」の本を出版します!★★

それに伴い本の付録につけるそえぶみ箋のデザインを大募集しています。

年齢、職業、性別など問いません!どしどし応募してください!

採用作品は、本と一緒に付録のそえぶみ箋として書店や雑貨屋さんに並びます!

(初版5000冊)

また、ユネスコ無形文化遺産に登録された『美濃和紙の里』、
岐阜県美濃市にある古川紙工株式会社の職場体験ペアチケットでは、

そえぶみ箋の製造現場やその他の和紙商品のモノづくりの現場にご招待です!

交通費・宿泊費は弊社が全額負担します。(日程は採用者様とご相談)
手漉き和紙工房・製紙メーカーで紙を作る工程なども見学できます!

そえぶみ箋のFacebookに描いたイラストを投稿するだけで応募できます!

http://www.facebook.com/soebumi

募集要項はこちらからダウンロードできます。

そえぶみ箋デザイン募集チラシ

15122301

15122302

『大人の小さな書道セット』

一気に気温が下がり、冬が来たのを感じた朝でした。
今年は暖冬と聞いていましたが、本当に暖かくて嬉しい反面、 まだ雪を見ていないからか、来週がクリスマスなんて気がなかなかしません。。

さて、今回も 紙々ブランド 新商品シリーズ
『大人の小さな書道セット』のご紹介をします。
その名の通り、小さな小さな書道セットで、手のひらにのってしまうサイズです。

1933613_919618204774891_1846324943281028591_o

12377941_919618288108216_8174428726593294996_o

すずり、墨、筆のセットで、筆は組み立てて使っていただけます。

すずりは、愛知県の瀬戸市にある【竹堂園】という歴史のある会社にお願いして作っていただいたオリジナルデザイン商品です。

つやつやとした白いすずりの側面には吉祥柄が印刷されていて、
すごく可愛いです。

1933638_919618384774873_6717258521944303255_o

小さいけれど、いつまでも大切に使いたくなる、、、
そんな存在感のあるセットになっています。

ちょっとしたお手紙や祝儀袋などの表書きを書くとき、
また 先日ご紹介しました写経を書くときなど
どんな場でも さっと出してお使いいただけると思いますよ。

たまには、ゆっくり膝を合わせて座り、ゆっくり字を書く自分時間を作りたいですね。

和紙の豆知識

ちょこっと前に
新国立競技場のデザインが2案でてきましたねー。
どちらに決まるにしても 楽しみですね。

そして・・・紙でも大きな建物が作れるって
ご存知ですか? 私は知りませんでした・・・。

例えば、2000年ドイツでの万国博覧会での日本館。
紙管を使って 建てられたんです。
『紙』の持つ可能性の広さに驚かされますよね。

とても美しい建物です。
日本は美意識の高い国だなぁ。と感じました。
ぜひ 検索して見てみてください。

 

今日も紙々ブランドの新商品のご紹介をします。

「美濃箔 手漉き耳付き葉書」

12342851_916245878445457_5651764656060168583_n

職人の手により、一枚一枚心をこめて漉き上げられた貴重な耳付はがき。

丁寧におめでたい絵柄を箔押ししています。
金色がすごく美しく、存在感たっぷり。

種類は3種類あります

★ 鯛 (鯛と青海波柄)
★ 鶴 (鶴と亀甲柄)
★ 松 (松梅と竹柄)

とっておきの大切な方への年賀状にいかがですか?

他にもたくさんの紙々新商品が このようにならんでいます。

12360407_916245921778786_7318070618826440336_n
実際に手に取って ふっくらとした美濃和紙を実感していただきたいです。

 

写経のススメ

紙をここまで 幅広くつかっているのは、日本人だけ。という説がありますが、

もともと紙がひろまるきっかけというのが何かといえば、仏教だっだそうです。

仏教伝来で、新しい文化が日本にもたらされ、発展していく過程の中で

紙はなくてはならないもの。となっていったようです。

経典を書き写したり、写経に必要だったんですねー。

紙遊でも、写経用紙 あつかっておりますよ。

12342841_915672598502785_4891759830271723615_n

冬の朝の冷たい清らかな空気の中でする写経オススメでーす。

 

 

Leaf Marker

写真の商品は三つの植物をモチーフにした美濃和紙のマーカーです。

12303954_913811128688932_2336115386219396157_o

12339411_913811672022211_778437862349616225_o

何の植物か。というと
和紙の三大原料である 楮、雁皮、三椏。なんですねー。
和紙をつくるために 欠かせない植物たちなんですよ。

これからの季節 栞として 本と一緒にプレゼントしたり。
メッセージカードのように 使ってみたりするのも いいですよね。

日常に使える和紙製品を
また、ご紹介していきますねー。  つづく・・・。

 

『美濃和紙水玉透かし和紙』

今日は、紙々ブランドの新商品の紹介をしますね。

『美濃和紙水玉透かし和紙』というシリーズです。

12304441_912971648772880_6499176853917274742_o

なんと、この和紙は光に透かすと 水玉模様が浮かび上がるんです!

12303926_912971572106221_1111352443000205896_o

すごく キレイですよ。

種類は、ぽち袋・のし封筒・便箋・ 一筆箋があり

お色は 薄紅色・薄空色・薄紫色があります。

のし封筒は御祝いやお礼を渡すのにも適していますし

便箋や一筆箋の封筒としてもお使いいただけます。

セットでいかがでしょうか?

紙々ブランドの新商品が他にもいろいろ店内に並びましたので、

見にいらしてくださいね。

少しずつ 紹介していきたいと思います。