ふうせん

先日、大学時代の友人の結婚式に出席しました。 大きな公園の中で行われたセレモニーは八重桜と咲き始めたばかりのハナミズキが清々しく、本当に素敵でした。

なかでも一番印象的だったのが、二人を祝福して全員で空に飛ばした風船!良く晴れた青空に飛んでいく風船は、まるで映画のワンシーンのようで本当に感動的でした。

わたしは自他共に認める大の風船好きで、学生のときは放課後に友人と理由もなく風船を買って街を歩き回っていたほどです。さすがに今の年齢ではこれはなかなか出来なくなりましたが、バースデーパーティー、友人の結婚式、お見舞いの時などは今でも必ず自分より大きい風船を持って現れます笑

そんな私にとって衝撃的なニュースだったのが(友人が私を心配して送ってきてくれたメールで知ったのですが)昨年発表された東京ディズニーランドのヘリウム入り風船の販売中止のニュースでした。今となっては理由もなく風船を持って歩ける唯一の場所、ディズニーランドでの販売中止はかなりショッキングでした… 理由としては、世界的に高まったヘリウムの需要で安定した調達が難しくなったからとのこと。

製品の製造工程での冷却用途などさまざまな場面で使われているヘリウムは、今のペースで消費されると25年後には世界的になくなってしまうそうです。調達先を広げ、今年の後半には日本でのヘリウム不足は解消されるとのことですが、取り合うよりも是非ヘリウムの新しい採取方法の研究をもっと進めてほしいと思います。

風船が無くても生きられるとは思います(?)。ただ音楽やお花などと同じで、それがある思い出と無いのではその思い出の鮮明さが違うような気がするんです。少なくとも私にとっては。

結婚式で風船の素晴らしさをあらためて実感し、世界中で早くヘリウムの供給が安定することを願って今日は書かせていただきました。長々とすみません…

 

コメントは受け付けていません。